トスカーナ旅行〜サンジミアーノダッソ&モンタルチーノ

フィレンツェからレンタカーで南下しまして、ワインで有名なモンタルチーノ村へ。
途中の景色は最高でした!のどかな田園風景に、糸杉がポツポツと立っていて、このまま切り取って額に入れたいような景色でした。モンタルチーノはワインが有名になったことで近年急に注目され、観光地化されたそう。確かに、きれいな町でワインショップだらけでした。

ランチに入ったのは、Porta al Casteroというトラットリア。町の食堂といった風情でしたが、パスタが絶品!シンプルなトマトソースのピチを頼みましたが、手打ち麺のもっちりした食感といい、トマトソースの濃厚さ、ニンニクの効かせ方といい、素晴らしかったです。こういうシンプルなお料理こそ、美味しく作るのが難しいのだと思います。

d0164802_222367.jpg


こちらはメインの自家製ソーセージの煮込み。素朴ながらソーセージにはフェンネルがしっかりと効いていて、豆ともよく合い美味しかったです。でも、パスタの方が感動的でした。
d0164802_213291.jpg


翌日は、ピエンツァPienzaの町にてランチ。Latte di Lunaというこちらもカジュアルなトラットリアです。パスタはカッチョエペペのピチ、カッチョはチーズ、ペペはこしょう、つまりは、こしょうとチーズ(ペコリーノというヤギのチーズ)だけのシンプルなパスタです。しかしながら、チーズのソースがしっかりと絡んでいて、こしょうがいいアクセントになり、チーズの塩加減も程よく、とても奥深い味わいでした。これもなかなか真似できない味ですねえ。
d0164802_243470.jpg


メインは、このお店の名物、仔豚の丸焼き。といっても一人で丸ごとは食べられないので、一人分が切り分けられて出てきました。皮パリっとお肉はしっとりジューシー、期待通りの美味しさでした。
d0164802_233675.jpg


そしてディナーはサンジミアーノダッソSan Giovanni d'AssoのOsteria delle Creteへ。
こちらは地元で採れたトリュフを使ったお料理がスペシャリテ、ということでトリュフ三昧です♪

まずは前菜。チーズとバターを塗ったバゲットの上にたっぷりトリュフ。この時期なので、サマートリュフだと思いますが、それでも十分香り高いです。
d0164802_1583884.jpg


トリュフの手打ちタリアッテレ。トリュフクリームソースが意外とさっぱりしていて、あっというまにいただいてしまいました。かなり美味しかったです。
d0164802_1593130.jpg


そして、メインは牛フィレのステーキ。ちょうどよく焼かれたお肉の上に、トリュフ、オレガノ、ニンニクなどを混ぜたペースとがたっぷりのっています。トリュフとオレガノのハーモニーが素晴らしく、とても美味しかったです。
d0164802_203296.jpg


毎日、昼夜と大好物のパスタを食べて、とても幸せでした!
[PR]