エピキュール

ホテルブリストルのミシュラン3つ星のメインダイニング、エピキュールに行って参りました!

まずはアミューズブーシュ。一口サイズながら、どれも味がしっかりしていて食前酒のシャンパンが進みます。
d0164802_7541612.jpg


前菜の前の付きだし。少しスモークの香りのするエスプーマ。ピンクの部分はゼラチンで固めてあり、更にその下にカリフラワーのピュレがありました。上のカラフルな飾りはパプリカなどの野菜です。
d0164802_7541896.jpg


前菜。フランス、ロワール地方のソローニュ産の淡水で育ったキャビアです。キャビアの下には薫製の魚風味のじゃがいものピュレ。横に添えられたスティック状のものはそば粉で出来ており、筒の中にサワークリームが入っています。このスティックを齧りつつ、キャビアをいただくと素晴らしく美味しかったです。
d0164802_7541999.jpg


メイン。こちらのスペシャリテ、ブレス鶏を丸ごと豚の膀胱に入れて蒸し煮にしたもの。鶏の足の付いた台が可愛いです。低温(70℃?)で火を入れることで、胸肉がしっとりと仕上がるとのこと。そのかわり、もも部分はまだ生なので、ここはこれから、内蔵やトリュフと一緒に更に煮込んでスープにして後ほど出してくださるとのこと。
d0164802_7542011.jpg

目の前できれに切り分けてくれます。
d0164802_7542289.jpg


まずこちらが胸肉。ほんとにしっとりやわらか。そして、塩加減が素晴らしい!これ以上ちょっとでも多いとしょっぱく感じてしまいますが、そのギリギリのところで決まっています。甘いも辛いも塩加減とはよく言ったもので、全ての味の決め手はやはり塩ですね。感動いたしました。
d0164802_7542371.jpg


こちらがもも肉のスープ。耐熱セロファンに入ってかわいらしいです。
d0164802_7542478.jpg


セロファンを割ると熱々スープが出てきます。このスープがまたおそろしく美味しい。滋味深い味です。ブレス鶏の最高に美味しい味わい方を教えていただきました。このスープはその晩の私の夢に出てまいりました^^;
d0164802_7542561.jpg


スープまでいただくと、かなりお腹いっぱいになりましたが、せっかくだからとさっぱりめのデザートも注文。これがまたすごかったです。見た目通り、薔薇の風味のライチのアイスなのですが、薔薇の香りとライチの香りはとても相性がよく、華やか且つさわやかで、薔薇の味ってこんななんだ、と思えるデザートでした。
d0164802_7542699.jpg


以上、大変素晴らしいお料理をいただきました。
また、こちらのレストランはサービスも素晴らしく、テキパキとよく目が行き届くのはもちろん、とても気さくで、こちらの緊張を和らげくれ、リラックスした気分でお食事をすることができました。

一流のお店とはこういうことなんだ、と改めて感じられるひとときでした。
[PR]